アーユルヴェーダ

世界3大の医療「アーユルヴェーダ」

本来はオイルマッサージではありません

アーユルヴェーダ | 津田沼/整体-こころカイロプラクティック-習志野市

アーユルヴェーダは世界三大の医学(西洋医学・東洋医学)の一つで世界最高峰と言われています。一般的にアーユルヴェーダはオイルマッサージのイメージがありますが、それはアーユルヴェーダの一部に過ぎません。

アーユルヴェーダは病気の過程が解明されているため病気の予防をしたり、体調不良を改善させることができます。

人間の燃料は40種類

優勢になってしまった燃料が体調不良の原因です。

食事 | 津田沼/整体-こころカイロプラクティック-習志野市

例えば車を動かすには主に電気とガソリンの2つの燃料が必要です。人間も同じく燃料(ドーシャ)があり、肉体を動かすには40種類の燃料が必要でそれらの材料が食べ物です。

40種類の燃料のバランスが崩れた時、身体がだるいなどの症状だ出たりします。さらに悪化すると病気となります。増えすぎた燃料を減らし、バランスを整えることができるのがアーユルヴェーダです。

西洋医学では病気に対して薬を処方しますが、アーユルヴェーダはドーシャが優勢になった影響でたまたまその症状が出てしまったと捉えます。

ドーシャ(燃料)の種類

乾性・熱性・油性の3種類

栄養 | 津田沼/整体-こころカイロプラクティック-習志野市

ドーシャは大きく3つに分けることができます。「ヴァータ」、「ピッタ」、「カファ」です。

人間に限らず、自然現象も3つのドーシャに分けることができます。例えば、天気があります。

人間はどの3つドーシャが優勢しているかで3つ体質に分けることができます。

ヴァータ

ヴァータ | 津田沼/整体-こころカイロプラクティック-習志野市

軽い・冷たい・動性

ヴァータ体質の特徴は乾燥です。髪はパサパサ、肌はカサカサしています。性格もさっぱりしています。手足が冷えやすいです。

乾燥した食品、冷たいものを好みます。旅行が好きで運動もハードに行います。

温かい飲み物や油を含む消化の良いもの雨や風で体を冷やさないことでヴァータを増やすことを抑えることができます。

ヴァータは体内では空間や流れる部位や風の当たる部位で活躍します。(腸・腰・大腿部・耳・骨・皮膚)居場所でもあるため増えすぎるとこれらの部位で症状が出やすくなります。

ピッタ

ピッタ | 津田沼/整体-こころカイロプラクティック-習志野市

ピッタ体質の特徴は熱気です。赤身や塩分スパイシー酸味が好きです。消化不良など胃の調子が悪く、発疹や鼻血などの出血性の症状が出やすいです。

スイカ・メロン水分の多く、甘い食べ物を食べ、辛味は避けることでピッタを増やすことを抑えることができます。自然に触れたり水泳などで熱した体を冷やすのも効果的です。

ピッタはへそ・胃・汗・血液・目・皮膚の消化器系や循環器系で活躍します。

カファ

カファ | 津田沼/整体-こころカイロプラクティック-習志野市

カファ体質の特徴は重さです。寒気や甘いもの、肉や脂肪チーズ、食後の昼寝、運動不足、睡眠過多などによりカファが増えます。

寝過ぎたり昼寝しない(机でうたた寝程度にする)油っぽいものを避けたり、林檎・蜂蜜を食べたり朝、シャワーを浴びることでカファを増やすことを抑えられます。

カファは気管・気管支・肺などの胸部・喉・鼻などの粘液の溜まりやすい箇所で活躍します。

病気の起こる過程

食べすぎ・消化不良が病気の始まり

体調不良 | 津田沼/整体-こころカイロプラクティック-習志野市

①食べ過ぎや偏った食事の影響でバランスが崩れます。症状:食欲低下や口の乾き、便秘。

②様々な燃料の経路に拡散し始めます。症状:身体がだるくなります。

③体内の弱った部位に定着し始めます。症状:内臓の機能低下・数値の異常。

④体の機能が正常に機能できなくなる。症状:病気として表に出ます。病院に行って診断・処置を受ける必要があります。

食品

好きなものが体を痛ませます

ご飯 | 津田沼/整体-こころカイロプラクティック-習志野市

偏った食事、特に好きな食べ物を食べ過ぎるとドーシャが増えてしまいます。例えば、ヴァータ体質の方は乾いた物を好み、カファ体質の方は甘い物を好みます。

肉体のドーシャにあった食品を(相反する)多く食べることでドーシャを増やすのを防ぐことができます。

健康の秘訣は食欲がないときはお腹が空くまで何も食べないことです。

ホメオパシー療法

ホメオパシー | 津田沼/整体-こころカイロプラクティック-習志野市

ホメオパシー療法を用いてドーシャを下げることができます。

ホメオパシー療法は食品に限らず、自然にあるすべての物(レメディ)を使用します。

同じ症状でも男女の違いで使用するレメディが変わるため、より効果的です。

あなたの症状に的確に有効なレメディ、毎日の使用個数や回数をお伝え致します。

医師の診断があり継続的に通院や薬の服用をしている方で服用しているお薬の量や種類を減らしたい方、ご相談ください。

ご予約

猫4
猫4

※営業時間内にお電話ができない方はネットからご予約をお願いいたします。

ページの先頭へ