腰痛-津田沼/整体-こころカイロプラクティック-習志野市

腰痛の症状は大きく分けて2つあります。1つは腰椎の脱臼、もう1つは骨盤にある関節の脱臼です。

整形外科でのレントゲン検査でぎっくり腰やヘルニアの一歩手前ですと診断されて、ご来院された方の中で痛いのはどこですか?聞いた時、触るのは骨盤にある仙腸関節を触る方が半数以上います。それだけレントゲン写真を見ただけではわからないほんの少しのズレです。しかし体には大きな負担になります。

腰痛を何とかして欲しく痛い体を引きずって頑張ってきて、レントゲン検査で放射能の被曝し、誤診され、改善できないすることができないなんてどう思いますか?

特に広がる鈍痛は骨盤の歪みです。カイロプラクティック療法では当たり前です。

腰痛の主な原因は腰椎の脱臼で次いでカラダの硬さ(筋肉硬直)・運動不足です。骨は筋肉に付着しています。筋肉が硬直すると収縮するため、骨の位置も変わってしまい、正しい姿勢がとれず、カラダを痛めやすくなります。

運動不足などにより筋肉量が少なくなると、骨格を支えるのが難しくなり、脱臼しやすくなります。筋肉の硬さはストレッチをして頂くことでカラダが柔軟になります。運動不足は体操と筋トレをして頂ければ、改善したします。

腰痛でも首も施術

腰の神経が腰椎の脱臼により炎症を起こし、腰の痛みを発しています。腰の神経は脳から腰に繋がっているため、腰の神経が首のズレの影響で炎症を起こしている場合があります。

その場合、首への施術のみで腰痛が改善してしまいますが、当院では腰椎にも必ず、施術しております。首を施術することで全身の筋肉が緩むため、施術の効果が上がるためです。

ぎっくり腰とは?

ぎっくり腰はとても脱臼してしまった場合に起こる症状です。さらに酷くなると椎間板が傷ついてしまい、椎間板ヘルニアになります。

ぎっくり腰も椎間板ヘルニアも原因は関節の脱臼です。放っておいても絶対に改善致しません。

天気が悪くなると痛んだり、重たくなったりする方、腰が冷たい方、張っている方、腰を温めると楽になる方はぎっくり腰予備軍です。