足がつる-津田沼/整体-こころカイロプラクティック-習志野市

足がつる原因は、筋肉を動かすための指令を出す運動神経に不具合が起きしまうことです。その神経が不都合が起こりやすい個所が腰椎と骨盤の辺りです。

一番つりやすい「ふくらはぎ」の一部の筋肉「腓腹筋(ひふくきん)」の神経は腰椎や骨盤の中を通っています。腰痛骨盤の歪みがあるとその神経が刺激されてしまうのです。

もちろん、その神経は頚椎の中も通って脳に繋がっているため、首の痛みがあり、頚椎の歪みが原因で足がつってしまう場合があります。

筋肉は細い繊維「筋繊維(きんせんい)」の束で構成されていて、その一部の繊維だけが強く縮んでいる状態になっています。

足のつりはたまに起こるようなら心配はいりません。頻繁に足がつる場合は注意が必要です。頻繁に足がつると筋肉に傷が付いてしまい、「肉離れ」という怪我になる可能性があるためです。夜中に足がつりやすい場合は、睡眠の妨げにもなります。

足がつりやすい症状を改善させるにも全身の歪みを改善させる必要があります。カイロプラクティック療法姿勢を改善しましょう。