妊婦の母体症状-津田沼/整体-こころカイロプラクティック-習志野市

当院のカイロプラクティック療法は妊婦さん(妊娠中)でも施術可能です。

妊娠中に起こる不快症状を「マイナートラブル」といいます。

マイナートラブルの主な症状として
  • めまい
  • 頭痛・頭重感
  • 腰痛
  • 背中の痛み
  • 立ちくらみ
  • 息切れ
  • 胸やけ
  • 便秘
  • 下肢けいれん・むくみ
  • 吐き気やつわり
  • 頻尿・排尿困難・尿失禁

などがあります。

妊娠中の体は動かしづらく、正しい姿勢が取りづらいため、骨格が歪みやすく、さまざまな症状が出てしまいます。

カイロプラクティック療法でマイナートラブルを軽減させることができストレスのない出産が可能です。

さかご(骨盤位)改善恥骨痛難産の予防異常分娩の予防も一緒に施術することができます。

妊娠に重要なホルモン「硫酸DHEA(DHEA-S)」

体内で最も作られているホルモンでたんぱく質の成長と修復の時に必要なホルモンです。

妊娠中は月経中と同じ仕方でエストロゲンを作ることができないため、胎盤はプロゲステロンからエストロゲンを作る代わりに母体の副腎のdhea-sから作っています。

副腎は体の機能の維持をコントロールしているホルモンを分泌しています。副腎がないと生命を維持することができなくなるほど重要な臓器です。

副腎はストレスに対抗するホルモン「アドレナリン」の分泌をしています。ストレスを溜まり、副腎が疲れていると、女性モルモンの分泌より生命維持のためのホルモン分泌に使われてしまい、ます。

妊娠中にも副腎や女性ホルモンのバランスを整え、生まれてくる赤ちゃんのためにもカイロプラクティックの施術をお薦めしております。