月経(生理)は子宮内膜が周期的に剥がれて排出されることです。不調がある時はこの出血に異常があることになります。

正常な生理周期は、25~38日です。生理の初日から次の生理が始まるまでの期間が、この範囲内で定期的に起きている場合は問題ありません。

生理周期のトラブルのほとんどの原因は下垂体によるホルモン分泌の調整に異常がある場合がほとんどです。

その他に栄養の偏りで女性ホルモンが作れなかったり、尿として排泄されやすくなってしまい、女性ホルモンが子宮に届きづらくなっている場合があります。

生理前の不調

生理の3~10日ほど前から、イライラしたり怒りっぽくなる、うつになる、乳房が痛い、頭痛、むくみ、眠気が強くなるなどの症状が現れる事を「月経前症候群」と読んでいます。エストロゲンとプロゲステロンの変化などが原因ではないかと言われています。

生理痛

生理のとき、子宮は、子宮壁からはがれ落ちた子宮内膜と血液を一緒に押しだそうとして収縮します。

この収縮する時の痛みが「生理痛」です。生理痛はないのが正常です。寝込んだり、毎回、お薬が必要なくらい痛みが強く、日常生活に支障が出る場合は「月経困難症」と呼ばれます。

子宮内膜症

生理痛が酷くなっていきます。経血が増えたなどの症状もあります。その他に普段から下腹部痛みやふくらみがあります。ふくらみは脂肪(柔らかくたるんだ細胞)ではなく、弾力性があります。月経周期が短く、月経期間が長いです。

子宮内膜に似た組織が卵巣やお腹の中など、子宮以外の様々な場所で女性ホルモンの作用によって増殖と剥離を繰り返す状態です。

通常剥がれ落ちた内膜や血液は月経によって膣から排泄されますが、子宮外で剥がれ落ちた場合、出口がないため、塊となって成長し、周囲と癒着して様々な障害を起きてしまいます。

原因は卵胞ホルモンが大きく作用している。進行すると、月経不順の原因にもなります。

月経不順

月経がない

無月経といいます。内膜がひどく荒れている場合。下垂体や卵巣に変化がありホルモンの分泌の不良の場合がほとんどです。

長い間隔の後にくる月経

稀発月経といいます。月経から排卵までが長い。性腺刺激ホルモンの低下で起きている場合が多いです。

月経の量が少ない月経

過少月経といいます。月経は周期ごとに来るが、出血量が少ない。内膜の発育が悪くなっています。女性ホルモンの投与で症状は改善していきます。

短い間隔で来る月経

頻発月経といいます。排卵までの日数が短すぎたり、排卵後、黄体ホルモンの生産が悪く、黄体ホルモンの分泌が早く止まり、早めに子宮内膜が剥離することなどが原因です。一般に21日目以内に繰り返される場合に言います。

月経と月経との間の出血

月経間出血といいます。月経と次の月経の間、つまり、排卵期ごろに2~3日間に出血がある場合です。体内の女性ホルモンが一時的に減少している場合に起こる症状です。

更年期

卵巣からの卵胞ホルモン分泌が低下した場合、副腎皮質からホルモンの分泌が起こり、カバーされます。

月経や女性ホルモンをコントロールしている器官

下垂体

視床下部から垂れている様な形をしています。下垂体は全身のホルモン分泌作用を支配しています。自律神経(視床下部)からの影響が女性ホルモンのバランスや月経周期に影響を及ぼしてしまいます。

視床下部

脳の視床下部は、呼吸や体温、発汗、心臓の鼓動などの機能をつかさどる自律神経をコントロールする場所です。

ストレスや疲れ、食生活の乱れ、睡眠不足などで視床下部が影響を受けると、デリケートな女性の体はホルモン分泌が変化して、ホルモンバランスが乱れてしまいます。その結果、生理前のイライラや落ち込みなどの心の症状や、生理不順などの生理トラブルが起こりやすくなってしまうのです。

卵巣は子宮と子宮卵巣索より、骨盤壁とは卵巣提索より支えられています。骨盤が歪んでしまうと子宮も傾いてしまうため、月経の不調や不妊症の原因となります。

妊娠や出産、セックス(オーガズムを伴う)によりホルモンバランスを乱れをリセットされ、整えやすくなります。

生理のトラブルや不妊症の方のほとんどが骨盤の歪みが酷い方、首に痛みがあるが多いです。当院で骨盤矯正首の施術をご検討ください。