ダイエット-津田沼/整体-こころカイロプラクティック-習志野市

正しいダイエットの仕方は運動の習慣をつけることです。医療先進国のアメリカで毎日、筋トレをしています。アメリカのドラマにそういう場面をよく見ませんか?

体重には脂肪のほかに内臓や筋肉、骨、血液などの重さも含んだ総重量です。食べないで痩せるということは内臓も筋肉もやせてしまい健康を損ねてしまいます。

脂質や糖質を取らない食事はダイエットに向いていません。脂肪は脂質で溶かし排泄した方が効率がいいのです。摂取する脂肪をタイプが重要です。そして脂質は血液で運ばれる時、糖質に結びついて流れます。

女性ホルモンはコレステロールでできています。糖質や脂質を取らないと女性ホルモンが作れません。ホルモンバランスが崩れ、月経のトラブルになります。

毎日、筋トレを行い、筋肉をつけて体を引き締める。そして脂肪を燃焼させる。という生活習慣を改善させると体は綺麗なプロポーションになっていきます。

きつい筋トレ、食事制限をすればするほど結果はすぐに表れます。しかし過度なトレーニングは体を壊してしまい、腰痛肩こりになる可能性があります。忙しい人にはなかなか習慣化できません。もうひとつ、ストレスが溜まる原因になり、副腎が疲れてしまい、美容を損ねたり、老化を早めてしまいます。

正しい体の動かし方

普段の生活の中でも体の動かし方を変えるだけで体を引き締めることができます。例えば、歩く時、股関節から足を前に出すことで腹筋を使います。これだけで腹筋のトレーニングになりますし、腰痛予防になります。

正しい姿勢で運動ををする

姿勢が歪んだ状態で筋トレをすると歪んだ状態で筋肉がついてしまいます。特に歪んでいる個所は筋肉を太くさせてしまいます。体の痛みでお悩みの個所がある場合、今すぐにカイロプラクティック療法で姿勢を改善させることをお薦めいたします。

筋トレも2種類あり、ボディービルダーのようなムキムキな筋肉にしたいのか、競技向けの美しいプロポーションにしたいのかによってトレーニング方法が変わります。

例えば、上腕二頭筋をトレーニングするとき、ダンベルを上腕二頭筋だけで動かすか、全身を使って最短距離を動かすかの違いです。ベンチプレスでも大胸筋だけを鍛えるか、腕立て伏せをして全身を鍛えるかによってトレーニング方法は変わります。

大胸筋だけを鍛える、上腕二頭筋だけを鍛えるトレーニングは小手先の動きになる為、腰や肩など体を痛めやすくなります。

当院では筋肉がどこの骨と骨に付いていてどのような動きをしているのかご理解して頂き、そのうえで正しいトレーニング法をアドバイスしております。もちろん部分痩せも可能です。正しいトレーニング方法は体を痛めることない、少ない回数で結果の出やすいトレーニング方法です。

食事について

食事するタイミングは必ず守ってください。22時から翌日の2時の間の食事はとても太りやすい時間です。22時から翌日の5時までは食事をしないでください。

体温が低い方、特にお腹が冷たい方(冷え性)は善玉菌と悪玉菌とのバランスが悪玉菌優勢になっている可能性があります。健康維持には善玉菌優勢の体質が重要です。アメリカ製乳酸菌サプリメントをお薦めしています。

トレーニング法

ダイエット-前側 | 津田沼/整体-こころカイロプラクティック-習志野市