野球-津田沼/整体-こころカイロプラクティック-習志野市

股関節をたたむ(骨盤を回す)動きで投手の膝が割れる動作を修正できます。骨盤をうまく使い体重移動させることでよりボールに力が伝わり、スピードが出ます。

バッティング時も腰が回ってからバットが出ていると力が逃げてしまいますし、腰痛の原因になります。股関節をたたむことでバットに大きな力が伝わりとスピードも出ます。

ボールを遠くに投げたいとき、腕を引き体のねじれを戻しながら腕を使う体勢より、肩甲骨をうまく使うことで体をねじらなくても楽に投球できます。胸を張って投げる動きは肩に負担がかかります。胸鎖関節を意識し 体の中心軸を反対にし、投げる腕に体重を乗せるだけで変わります。

腕を上げる時も腕を外旋させると上がりやすくなります。打者から見るとボールが投手の頭に隠れてタイミングがとりづらくなります